• ハミングバードのこだわり
  • 商品について
  • ご購入について
  • スペシャルインタビュー

なんじの道を進め、そして人々をして語るにまかせよ。

ダンテ、と言えば、13~14世紀イタリアの詩人・政治家です。

彼は多くの作品をこの世に残しました。

 

 

『汝の道を進め、そして人々をして語るにまかせよ』

Segui il tuo corso,e lascia dir le genti ! 

 

と言う、彼の言葉には、とても勇気を貰いました。 

 

日常生活や仕事を進める上で、これで本当に良いのかしら?

と思うことがあったり、ほかの人からの評価が気になることもあったりします。

 

でも、そんな時に、自分のやっていることに納得していて自信があれば、

自分がこれで良いと思って進んでいるのであれば、それで良いんだよ。

と、背中を押されるような気持ちになるのです。

 

この先、どんな人生が待っているか、誰にもわかりません。

それならば、

『他の人からの評価など気にせず、思うように生きていきなさい。』

という言葉のように 生きたい、と思うのです。

 

人に迷惑をかけないのであれば、やりたいと思ったことには

チャレンジすれば良い。既に何かを始めているのであれば、

周りを気にせずに邁進するだけ、ということですね。

 

誰に何を言われようと、人生は一度きり。 

後悔しないよう、自分に正直に生きていきたいものです。

 

 

 

※補足

ダンテ・アリギエーリの代表作、『神曲』( La Divina Commedia) は、

「地獄篇」、「煉獄篇」、「天国篇」の3部構成となっています。

 

Segui il tuo corso,e lascia dir le genti !

なんじの道を進め、そして人々をして語るにまかせよ

は、この『神曲』の中の「煉獄篇」に記載されています。

 

ちなみに、全14000行以上にもなる韻文による長編叙事詩は、

イタリア文学最大の古典と言われていて、 ミケランジェロや

チャイコフスキー、リストのような芸術・作曲家、

デュマ、夏目漱石、中原中也などの作家など、多くの天才に影響を与えました。

 

当時の作品としては珍しいことに、ラテン語ではなく 、トスカーナ地方の方言で

書かれていることが特徴で、現代イタリア語の基礎となっています。

※イタリアの最高硬貨2ユーロには、ラファエロが描いた

  ダンテの肖像画が採用されているそうです。

 

 

2013年5月1日(水)

 

 

 

Staff Blog
Twitter
facebook