• ハミングバードのこだわり
  • 商品について
  • ご購入について
  • スペシャルインタビュー

素敵な、想い。

毎日新聞社の記者の方と、お名刺を交換をしました。

彼のお名刺を手にした時に、あれ?

 

普通のお名刺ではなく、凹凸のある名刺。

 

そう、そこには点字がパンチングされていたのです。

 

「あの、これは・・・点字でしょうか?」

私の質問に、その記者は笑顔で言いました。

『はい、もう10年くらいになりますが、盲目の方と交換できたのは

これまでに3人です。でもその時に喜んで頂けたのが嬉しくて。』

 

 

彼の新聞社では、役員の方々のお名刺には自動的に

点字が印字されますが、一般の社員は1箱(100枚)単位で

代金を自己負担すると点字を印字してくれるシステムになっているとの事。

 

 

記者の方ですから、毎日いろいろな方と名刺交換されていることでしょう。

100枚の名刺、あっと言う間になくなってしまうように思います。

そして彼はいつも自費で点字入りの名刺を用意し、

点字が必要のない方にも、点字の名刺を渡すのです。

 

この事は、目の不自由な方々の存在について

改めて考えるきっかけになりました。

 

ちなみに、点字を通常の大きさの名刺に印字した場合、

社名と名前、電話番号の3行のみが記載できるそうです。

 

 

どんな方とお会いするかわからないからこそ、用意しておく。

 

この記者の方と接し、素敵な想いに触れることが出来ました。

 

 

◆ご紹介/週刊点字新聞「点字毎日」

  http://www.mainichi.co.jp/corporate/tenji.html

 

  ※90年にもわたって点字新聞を発行し続けているそうです。

 

 

2月23日(土)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Marchelle Steve (土曜日, 04 2月 2017 12:41)


    It's actually a great and useful piece of information. I'm happy that you shared this helpful information with us. Please keep us informed like this. Thanks for sharing.

  • #2

    Evan Hafer (月曜日, 06 2月 2017 19:42)


    Yesterday, while I was at work, my cousin stole my apple ipad and tested to see if it can survive a twenty five foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad is now destroyed and she has 83 views. I know this is completely off topic but I had to share it with someone!

Staff Blog
Twitter
facebook